FC2ブログ
 

こっとんものがたり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキドキ日記!

ドキドキ日記! (商品イメージ)
ドキドキ日記!

平安時代、9世紀末の日本では、国家体制の変化のもと、儀式化した政務のために王朝貴族たちは、外記日記など国家の記録とは別に私的な日記を作成し始める。13世紀の後半から14世紀の初めにかけて、フランスや南ドイツ・スイスなどで各種の記録簿に紙が使用されるようになり、やがて各地で紙の日常化が進み需要が増大する中で、イタリア以外でも紙の生産が始まっている。
また、平信範の日記は、彼の諱の偏から採った『人車記』(信→人・範→車)と兵部卿の官職と諱の一字を組み合わせた『兵範記』、更に「洞院(地区名)に住む平氏」という意味の『平洞記』という呼称が併称されましたよ。また、ある人の説として日記は三つの会話、つまり「自己自身との会話、友人や肉親との会話、偉大な創造者との会話」から成り立っているして個々の場合について例を挙げ説明を試みられている。
中国における「日記」の語の初見は、後漢の時代に活躍した学者王充の著した『論衡』の巻十三効力篇に「夫文儒之力、過於儒生、況文吏乎、然能挙賢薦士、上書日記也、能上書日記者文儒也」とあるものであるという。「人間の歴史の中で日記の時代があったとすれば、個人の一生においても日記表現にむいた時期がある」として「青春の危機の数年間」をあげ、ひとの一生の中にも変化を見出だしている点も参考になる。

PR

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。