FC2ブログ
 

こっとんものがたり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てなもんや三度笠 爆笑傑作集(3) [DVD]

てなもんや三度笠 爆笑傑作集(3) [DVD] (商品イメージ)
てなもんや三度笠 爆笑傑作集(3) [DVD]

東京からの出演者も多く、東西タレント交流のきっかけにもなったが、現在の様に航空機も発展しておらず、さらにリニアができるまで(当時は工事中)は、特急列車での移動しかなく、東京・大阪間は早くても6時間30分はかかった。1967年3月19日放送、第255話「上野の戦争」の官軍と彰義隊の砲撃戦シーンでは2トンの火薬が使用されており、カメラが衝撃で何度もブレている。
エピソードセットに考えられないほどの多額の費用を掛けて臨んだ為に、放送作家や俳優の苦労は並ではなかったと伝えられる。番組初期の時代にはビデオテープに録画して放送する技術がまだ確立していなかったため、生放送で制作されていたが、後に録画放送となった。番組の流れ提供表示・女性によるCM(提供アナウンスは「良い子のおやつでおなじみの前田製菓の時間が参りました」、クレジットには子供兄妹と思われる人形が飾られ、そこに前田のクラッカーが添えられて、字幕「提供前田製菓」が入る)あんかけの時次郎と原哲男によるコント。
脚注^ 小林信彦『日本の喜劇人』によると、それぞれアクの強い人物である香川と澤田との間に、感情的な決裂が生じたためだという。※この商品は放送当時の家庭用VTRで録画されていたものを現在のVTRフォーマットに変換して原版を作成し、複製した大変貴重なものです。
PR

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。